遺言にはいくつかの種類がありますが、多くの場合「自筆証書遺言」か「公正証書遺言」を利用することになると思います。

自筆証書遺言は自分で書く遺言ですから、費用はかかりませんが、必要なことを書いていなかったり形式が整ってないと遺言が無効になることもありますので、自筆証書遺言をするにしても専門家に相談することをお勧めします。

 
公正証書遺言は、公証人に作ってもらう遺言で証人が2名必要だったり、公証人の費用がかかったりしますが、公証人の先生が作りますから形式的に間違うことはないでしょうし、原本を公証人役場できっちりと預かってもらえるというメリットがあります。

自筆証書遺言は、死んだ後に、「遺言書を保管している人」か「遺言書を発見した相続人」が家庭裁判所で「遺言の検認」という手続きをしなければなりません。自分(亡くなった人)の手間はかからないけど、相続人に手間がかかる自筆証書遺言か、作るときに手間がかかるけど検認手続きをしなくて良い公正証書遺言か。
 
公証人役場に原本が保管される公正証書遺言にしておいた方が安心だと思います。

初回の相談は無料です。
相談予約電話 0178-45-3389(「こんの」宛にお電話ください)
相談予約メール ココをクリック